スリッポンタイプのかかと修理・靴底修理・靴磨き

皆様こんにちは。

本日は都内では30度をこす真夏日になったそうです。

まだ5月でこれですから真夏はいったいどうなるのか
予想が出来ませんね。

本日ご紹介します靴修理は
紳士靴のスリッポンのかかと修理と
靴底修理、靴磨きです。

画像の説明

靴底がスニーカーのような形状ですので
修理出来ないのではとお考えの方が
いらっしゃるのですが
修理出来ますのでご安心下さい。

では早速、かかとの修理を始めます。

修理する前の状態です。

画像の説明

かなり上まで削れています。

この靴底はとても軽くクッション性に優れていますので
どうしても削れやすいのです。

削れてしまった部分に同じような軽い素材のスポンジを
補充して高さを戻します。

高さを戻した後の写真です。

画像の説明

このように高さを整えてからラバーのかかとの材料を取り付けます。
画像の説明

画像の説明

間にスポンジの素材で高さを戻す事で
今まであったクッション性を犠牲にする事無く
修理する事が出来ました。

次は靴底の修理に取りかかります。

修理前の状態がこちらです。

画像の説明

写真では判りにくいのですが
靴底の真ん中あたりが薄くなってきております。
そこでラバーのシートを貼って補強します。

画像の説明

今回はより滑りにくくするために
凹凸の深いラバーのシートを貼りました。
これからの梅雨時期にはもってこいですね。

靴底の修理が終わりましたので靴磨きに入ります。

磨く前の状態です。

画像の説明

画像の説明

お仕事が忙しいとなかなかお手入れ出来ないので
上の写真のようになってしまいます。
でも靴クリームを丁寧にすり込んでいきますと
見違えるように綺麗になるんですよ。

当店で販売してる靴クリームには
先端にスポンジのアプリケーターが付いている
商品もございますので手をあまり汚さずにお手入れ出来ます。
商品名はウォーターストップチューブです。

画像の説明

スポンジのアプリケーターで靴クリームを丁寧に
塗っていき、靴ブラシを使用してさらに細かいシワに
靴クリームをなじませて、その後布でから拭きします。

そうしますと下の写真のようにとても綺麗になりますよ。

画像の説明

画像の説明

本格的な梅雨時期に入る前に
天気の良い休日に靴のお手入れを
してみてはいかがでしょうか。

ワンポイントアドバイス:

今回は靴を少し長持ちさせる方法をご紹介したいと思います。

靴底の修理なのですが、数回お履きになったところで
ラバーのシートを貼るんです。

そうすると元々の靴底を保護出来ますので
沢山歩かれる営業の方には大変好評なんです。

ラバーのシートが薄くなってきましたら
貼り替える事もできます。

お勧めしたいのが靴底を縫ってあるマッケイ製法の靴や
グットイヤーウェルト製法の靴。
その他には冬に活躍するブーツなどです。

長く大切に履きたい靴にはお勧めです。