紳士靴修理 プラスチックのヒール

みなさんこんにちは。

本日は紳士靴のプラスチックのかかと修理
をご案内したいと思います。

プラスチックのヒールは一番下のゴムが
削れてなくなってしまうと
滑りやすくなったり
音が気になったりしてきます。

「プラスチックのかかとの靴は
 修理出来ないものと思ってました。」

とお客様よりうかがう事が多々ありますが
プラスチックのかかとの場合は
修理が出来ないのではと思われてるお客様に
今回の記事は役立つと思います。

まずは修理前の状態がこちらです。

画像の説明

一番下のゴムが削れてなくなって
穴が空いてます。

今回はカカトに亀裂が何箇所か入っておりましたので
かかと本体を交換する事にしました。

交換した後の写真がこちらです。

画像の説明

画像の説明

ラバーの素材ですので修理前のかかとより
滑りにくく、音もしにくくなっております。

かかとがこんなにしっかり直るなら
ついでだから靴底も修理して下さいという流れになりました。

修理する前の状態がこちらです。

画像の説明

靴底には長持ちさせるために
ラバーのシートをお貼りします。

修理後の写真がこちらです。

画像の説明

靴底を縫っている糸も切れないように
保護する事ができました。

かかとも靴底もしっかりメンテナンスできました。
はき慣れた靴がまたしばらく履けるようになると
経済的ですし、嬉しいですよね。

作業時間もさほどかからず修理出来る場合もございますので
お履きの靴でもお気軽にご相談下さいませ。